長崎市で賃貸戸建ての洗面所リフォーム

長崎で賃貸戸建ての洗面所リフォームはお任せください!
長崎賃貸物件リフォームの松下です。本日は長崎市で施工させて頂きました「洗面所の壁と床リフォーム」をご紹介させて頂きます。

今回の賃貸戸建てのオーナー様からのご相談内容としましては、中古の戸建てをご購入され、これから賃貸物件として活用するためにリフォームしていきたいとのご相談を頂きました。

現地をみる中で、特にオーナー様が気になされたのが洗面所でございました。

洗面所は毎日、使用する大切な空間ですので男女問わず気持ちが明るくなるような洗面所にリフォームし、差別化を図りたいとのご要望を頂きました。

洗面所リフォーム前

リフォーム前の洗面所
リフォーム前の洗面所の床

こちらが施工前の洗面所の状況となります。

壁は化粧ベニヤが張られており、床はクッションシートが張られております。

全体的な見た目としましては、確かに多少の古さは否めない印象は受けます。

そこで今回の洗面所リフォームで初期投資予算の中で、壁と床のリフォームを施工させて頂きます。

壁はクロス下地のためのベニヤ板を施工し、床は合板を張り新たにクッションシートを施工していきます。

施工中

洗面所壁の施工中

こちらが洗面所壁の施工中の状況となります。

壁の下地としてベニヤ板を張る意味合いとしましては、施工前の壁は表面がツルツルとした化粧板のため、クロスの接着性が弱く剥がれ落ちる可能性があるため確実な施工の観点から費用は掛かりますが、耐久年数や将来性を延ばすためにベニヤ板の施工をさせて頂きました。

ベニヤ板を施工する事で、クロスの接着性が上がり綺麗な下地となったことでクロスの仕上がりも綺麗に仕上がります。

洗面所床の下地

こちらが洗面所の床の下地の施工中となります。

床の施工前のシートは劣化しており、綺麗に剥ぎ取る事が出来かったため既存の下地ではシート施工が出来ないと判断し、壁と同じく新しく合板で綺麗な下地を作らせて頂きました。

壁と床の下地が完成し、継ぎ目などを埋める「パテ作業」が完了した後に、仕上げのクロスとクッションシートを張る作業に入らせていただきます。

洗面所リフォームの施工後

洗面所リフォームの施工後
洗面所床の施工後

洗面所のリフォームが完了しました。

壁のクロスは淡いエメラルドブルーをお選び頂きました。

男女問わず受け入れてもらえる色で、爽やかな感じもありつつ可愛らしい雰囲気を醸し出してくれております。

また床のクッションシートは壁の淡い感じとは対照に、木目調の濃い色をお選び頂きました。

床が濃い目の木目調のため、程よい上質感があり綺麗な洗面所へと変わりました。

オーナー様にもお喜び頂き大変嬉しく思います。

長崎市でのリフォーム施工事例




→お問い合わせフォーム

※ご相談やお見積りで料金が発生する事はもちろんございません。また、しつこいお電話・強引な営業は一切行っておりませんので安心してお問い合わせください。

お急ぎの方はお電話ください。TEL:070-2335-8699 (日曜・弊社定休日を除く)

【新型コロナウイルス対策について】
長崎賃貸物件リフォームでは、新型コロナウイルス感染症への対策として、皆様の健康と安全を第一を考え、見積り・打合せ時等にはマスク着用とアルコール消毒をさせていただきます。顔が見えづらいためご不快な思いをさせることになり、誠に申し訳ございませんがご理解・ご協力をよろしくお願い致します。 今後も、政府や自治体による最新情報や状況を注視し、みなさまに安心してお見積り依頼・ご相談いただけるよう努めてまいります。またご相談のみであればご要望に応じて室内には入らず玄関先や庭先での対応も致します。

【オンライン相談サービスを始めました】
長崎賃貸物件リフォームでは、新型コロナウイルス(COVID-19)感染症対策として、お客さまの健康・安全面を第一に考慮し、対面での相談による感染を懸念されている方向け、 『オンライン相談サービス』をはじめました。 お金のご不安や工事の進め方、工事中のくらしなど、気になっていることは何でもご相談ください。 →オンライン相談のご予約はコチラ