長崎市で賃貸戸建てのリビングの壁リフォーム

長崎で賃貸戸建てのリビングリフォームはお任せください!
長崎賃貸物件リフォームの松下です。本日は長崎市で施工させて頂きました「リビング壁のアクセントリフォーム」をご紹介させて頂きます。

今回の不動産オーナー様からのご相談内容としましては、長崎市南部地区に海の見える見晴らしの良い戸建てを購入され、賃貸物件として活用し、県外からも入居者を募り長崎特有の海や景色を味わって頂きたいと話されておりました。

その景色を楽しむメインの空間として、リビングがあるのですが壁に造り付けの棚があり、それを解体してアクセントクロスにされたいとのご相談を頂きました。

リビングリフォーム前

壁の施工前

こちらが施工前の状況となります。

造り付けの造作棚と暖房器具などを置いて使う暖炉空間がございます。

お施主様と現地にて綿密なお打ち合わせを行い、造作棚自体は味が合って良いがリビングを少しでも広くし、特別な空間にされたいとの事ですので解体していきます。

施工中

壁の解体後

施工に入らせて頂きました。

まずは既存の造作棚や暖炉空間の解体作業から入らせて頂きました。

不必要な部分を全て取り除き、一旦スケルトン状態にしてから最初の骨組みから施工していきます。

解体と同時にテレビ配線やコンセントなどの電気配線工事も同時進行で進めていきます。

壁のボード張り

壁の解体と電気配線工事が完了した後に、木材を使用して骨組みを作り、壁の下地となる石膏ボードを張り新しい壁を作っていきます。

壁の下地処理中

石膏ボード張りが完了した後に、ボードの継ぎ目やネジ穴を埋める下地作業を施工していきます。

壁が平滑になるように、ヘラを使用して仕上げていきます。

下地処理作業は非常に大切な作業でして、下地処理をいかに丁寧に行うかで新しい壁紙の仕上がりや耐久性が格段に変わります。

新しいクロスの施工中

下地処理が完了し、穴埋め材がしっかりと乾燥した事を確認してアクセントクロスの施工に入ります。

専用の機械で必要な長さで切りながら、接着剤をクロスに塗布していきます。

糊付けが完了したクロスを職人さんの手により、丁寧に張られていきます。

継ぎ目が分からないように張られていくのですが、さすがの職人技です。

またクロスの周囲はめくれ防止のため専用のシリコン材を注入し固定していきます。

リビングリフォーム施工後

リビングリフォームの施工後

リビングリフォームが完了しました。

戸建て住宅ながらホテル空間にいるような佇まいのリビング空間へと生まれ変わりました。

その部屋から望む長崎の景色は特別な空間へとなることかと思います。

オーナー様の思いが詰まった空間で、入居者様にもお楽しみいただければと思います。

長崎市でのリフォーム施工事例




→お問い合わせフォーム

※ご相談やお見積りで料金が発生する事はもちろんございません。また、しつこいお電話・強引な営業は一切行っておりませんので安心してお問い合わせください。

お急ぎの方はお電話ください。TEL:070-2335-8699 (日曜・弊社定休日を除く)

【新型コロナウイルス対策について】
長崎賃貸物件リフォームでは、新型コロナウイルス感染症への対策として、皆様の健康と安全を第一を考え、見積り・打合せ時等にはマスク着用とアルコール消毒をさせていただきます。顔が見えづらいためご不快な思いをさせることになり、誠に申し訳ございませんがご理解・ご協力をよろしくお願い致します。 今後も、政府や自治体による最新情報や状況を注視し、みなさまに安心してお見積り依頼・ご相談いただけるよう努めてまいります。またご相談のみであればご要望に応じて室内には入らず玄関先や庭先での対応も致します。

【オンライン相談サービスを始めました】
長崎賃貸物件リフォームでは、新型コロナウイルス(COVID-19)感染症対策として、お客さまの健康・安全面を第一に考慮し、対面での相談による感染を懸念されている方向け、 『オンライン相談サービス』をはじめました。 お金のご不安や工事の進め方、工事中のくらしなど、気になっていることは何でもご相談ください。 →オンライン相談のご予約はコチラ